ビル経営・修繕計画

①不動産投資、表面利回りだけで判断していませんか?

不動産を保有する場合、長期でも短期でも出口戦略は最重要事項です。不動産評価は購入時がピークで運用とともに建物は劣化し条件が悪化していきます。10年、20年と保有を続けるのか、または途中売却が前提なのか、出口戦略に応じた費用のコントロールが欠かせません。
家賃収入がそのまま利益とならず、修繕という費用が発生します。購入時に保有する年数とそれに見合った修繕計画を立てることで安定した不動産経営を実現しませんか。

不動産投資、表面利回りだけで判断していませんか?

修繕計画作成の進め方

お問い合わせ頂いた物件に建築士・施工管理技士を派遣し建物に関する気になる点、疑問点ご要望をヒアリングします。その後、建物診断を行い、ご希望される年数の修繕計画を作成します。

修繕計画作成の進め方

リスクとコストの可視化

私達は管理会社として修繕工事に関わってきました。建物診断を実施し修繕計画を作成し、お客様の不動産経営のお手伝いをしております。

リスクとコストの可視化

ご不明な点は下記担当までお問い合わせください

二幸産業株式会社一級建築士事務所


お気軽にお問い合わせ下さい

TEL:03-3344-5402